おおかわよかけん、商店街再生

”シャッター商店街が4年で29店舗も誘致できた”
こんな文面を見つけました。
これは、2017/8/25の日刊工業新聞のインターネットニュースにかかれていました。宮崎県日南市のシャッター通りが、約4年で再びにぎわう商店街になっていくという過程が、どういう対策が有効であったかが書かれています。専門家の公募や、決して同じものを再生するのじゃなくて、どんな店、どんな事業所が入ったのか、なかなかうまくいかない地域ではためになる話だと思います。